ブラストチラーフリーザー

1.味のクオリティアップ

乾燥がない
冷凍庫や冷蔵庫での緩慢冷却にある課題を解決します。
東京都 ステラート・併設カフェ ラボエム様レビューより)
風味を損なうことなく香りも抜けない
急速冷却により風味も香りも閉じ込めるため、お出汁などの冷却にも重宝されています。
東京都 日本料理 賛否両論 笠原様レビューより)
温度管理しながら食材の旨味を深める
連続の冷却での低温熟成にもご活用いただけます。
東京都 ステラート・併設カフェ ラボエム様レビューより
冷却環境に左右されない味の安定性
中途半端な温度帯を素早く抜ける安心感もありますが、自然冷却よりも酸化が防げて、再度温めの際、味の安定性がでるようです。金華ハムを入れたスープを、ブラストチラーで冷却した場合、香も抜けず大変助かりました。
(中国料理 龍圓 栖原様のレビューより)
詳しくレビューを見る

2.食中毒菌にスキを与えない安全な調理のため

危険な温度帯を素早く抜ける安心安全な精度
危険な温度帯は10℃~45℃、特に30℃~37℃が危険とされていますが、ブラストチラーではその温度帯を短時間でぬけることが出来ます。
調理物が熱々のまま入れても一気に冷却できます。
真薯なんかもこれですぐに冷やすことによって、そのまますぐに冷蔵庫にしまえるので、今まで心配だなと思っていたところが改善出来てよかったです
(日本料理 賛否両論 笠原様のレビューより)
詳しくレビューを見る

3.冷却スピードの速さにより労働時間の削減

仕込み時間の短縮
短時間で芯まで冷却ができます。冷蔵庫で6時間かかるティラミスの冷却も30分に短縮したお客様の事例もございます。
東京都 ステラート・併設カフェ ラボエム様レビューより)
作業効率アップ
日本料理にあるような流しもの系など、冷やすことによって切り易くなる食材も、瞬時に冷却して次の作業に移れるという効率アップと食材の劣化を防ぐことができます。
東京都 日本料理 賛否両論 笠原様レビューより)
商品開発にも
季節限定商品のため型の準備数が少なかった苺のムースも、短時間で固めてサイクル出来たので非常に助かりました。商品開発の時間短縮と同時に、店舗スペースなどの問題から型を何種類も、いくつも置いて置けない場合でも、冷やし固めて型抜きするのに時間がかからないため、十分に対応できると感じます。
(東京都 ステラート・併設カフェ ラボエム様レビューより)
詳しくレビューを見る
プロシェフの活用レポートはこちら